人気の専門学校

勉強

声優になるにはどうしたらよいか

声優になりたい人が増えてきています。声優の仕事はアニメや映画の吹き替えだけではありません。ラジオのパーソナリティや司会、アナウンスやニュースやドキュメンタリーの吹き替え、また、時に顔出しや歌などを歌ってイベントに出たりもします。売れっ子になるとCDまで出したりします。これだけの活躍の場が広がってきているのでなりたい人が増えてきているのです。 しかし、これだけあっても声優になるには好きだけではなれません。しっかりと声優の学校に通うことが声優への近道です。また、学校選びはとても重要です。オーディションには各事務所から何人と枠が決まっているのでできたら、所属事務所がある学校や養成所を選んだ方がいいです。

声優になるために意識しておくこと

声優になるには、幅広い知識や体験が大切です。それは、仕事が来たときに一つのやり方で挑んだとします。そのときに別のバージョンを要求されたら、すぐにそれに応えるとその仕事を通じて別の仕事に結びつくことがあるからです。 声優になるには幅広いことが求められるので、自分磨きはとても大切です。声優の学校を卒業して事務所に所属しても仕事はすぐには来ません。オーディションも毎日はありせん。しかし、その数少ないオーディションに自分を売り出すには、いろいろな引き出しをもっておくことをおすすめします。それには、声優だけの毎日にしないでバイトも人間観察や体験を大切に記録しておくことです。舞台や映画をみることも勉強になります。英語などの資格を持つこともいつかそういう仕事がきたときに役に立ちます。 このように声優になるには、常に自分磨きのために勉強になると思って周りにも意識をしておくことが大事です。そして、いつか来る仕事のために自分の体調管理だけはしっかりと万全にしておくことが大切です。